『日本教育史研究』第38号 原稿募集のお知らせ

2019年8月発行予定の第38号の「研究論文」「研究ノート」「課題と展望」の原稿を募集します。『日本教育史研究』第37号や研究会webページに掲載している「編集規程」を参照のうえ、下記の要領に従ってご応募ください。

1、応募される方は2018年12月10日までに、電子メールまたは葉書(当日消印有効)にて、①表題(仮題可)、②原稿種別(「研究論文」か「研究ノート」か「課題と展望」か)および③予定枚数を下記連絡先までご連絡ください。なお、新入会員による応募は2018年11月末日までに入会手続きを完了した方に限ります。

・連絡先 〒448‐8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1
愛知教育大学教育学部学校教育講座 釜田史研究室気付
日本教育史研究会事務局

・メールアドレス jhes@freeml.com(アドレスをカット・アンド・ペーストで利用される場合は、@を半角に直してご送信ください)

2、原稿提出の締切は、2019年2月15日(当日消印有効)です。原稿提出先については、応募者に後日連絡します。

3、原稿は400字詰原稿用紙に換算して、原則としてそれぞれ次の枚数でお願いします(図表を含む)。
・研究論文 50~70枚
・研究ノート 30~50枚
・課題と展望 40~50枚
上記の枚数を超えた原稿については受け付けない場合があります。

4、原稿は未発表のものに限ります。

5、本誌に投稿した原稿と同一、もしくは著しく重複する内容の原稿を、併行して他の媒体に投稿することは認められません。

6、「研究論文」および「研究ノート」は5部、「課題と展望」は2部、プリントアウトしたものを、データファイルを収録したCD等とあわせて提出してください。

7、原稿には英文の表題および執筆者名を付記してください。

8、トレース等の費用については、執筆者に負担していただくことがあります。