『日本教育史往来』

日本教育史研究会では、教育史にかかわるあらゆるニュースを会員相互の提供によってつくる交流の場として、機関紙『日本教育史往来』を隔月(偶数月末日)発行しています。

No.226(2017年2月28日)以降の各号の主な内容は次の通りです。


『日本教育史往来』No.239(2019年4月30日)
・山口刀也 中原ゆき子「われわれは軍事基地下の圧迫に対してどのように抵抗したか」を手がかりに
・上田誠二 『「混血児」の戦後史』を上梓して――「音楽」教育史から「混血児」教育史へ
・神辺靖光 戦時学徒の学校生活(2)――学徒勤労動員――
・高野秀晴 世話人を代表して

『日本教育史往来』No.238(2019年2月28日)
・河かおる 「基準」の名のもとに否定される民族的マイノリティの教育権
・樋浦郷子 昭和初期、農村の中学生―祖父のノートから―
・神辺靖光 戦時学徒の学校生活(1)
・船寄俊雄 土屋基規著『戦後日本教員養成の歴史的研究』

『日本教育史往来』No.237(2018年12月31日)
<特集 第37回日本教育史研究会サマーセミナー 攻囲される子どものからだ-帝国日本の「衛生」問題-(下)>
・金湘斌  植民地台湾の学校女子体育と纏足
・石居人也  「攻囲」されつつ「攻囲」するからだへの問い
・山本和行  攻囲される女児の「主体性」という問いー金湘斌さんの報告に寄せて-
・高木雅史  サマーセミナーをふりかえって
・石井智也  サマーセミナー参加記
・石川衣紀  サマーセミナーに参加して
・寺村銀一郎  滋賀県立彦根東高等学校「デジタル史料館」
・中村(笹本)雅子  世界教育学会東京大会でぜひ発表を!

『日本教育史往来』No.236(2018年10月31日)
<特集 第37回日本教育史研究会サマーセミナー 攻囲される子どものからだ-帝国日本の「衛生」問題-(上)>
・鳥居和代  第37回日本教育史研究会サマーセミナーあれこれ(総括)
・七木田文彦  経験と分断された身体の行方-健康をめぐる近代的身体の一断面-報告を終えて
・川端美季  近代日本の清潔規範の形成と展開
・新藤康太  教育の歴史と「衛生」
・高橋裕子  参加記

『日本教育史往来』No.235(2018年8月31日)
・吉野剛弘  教育史の授業の面白さとは
・福井雅英  学校現場における困難から教育史を想う
・松尾由希子  明治30年代の「教員進退ノ部」(長崎歴史文化博物館所蔵)にみる教員懲戒

『日本教育史往来』No.234(2018年6月30日)
<第37回日本教育史研究会サマーセミナーに向けて>
・高野秀晴・樋浦郷子  攻囲される子どものからだ-帝国日本の「衛生」問題-
・七木田文彦  経験と分断された身体の行方-健康をめぐる近代的身体の一断面-
・川端美季  近代日本における清潔規範の形成と展開
・金湘斌  植民地台湾の学校女子体育と纏足

『日本教育史往来』No.233(2018年4月30日)
・田村隆  禁止と愛読の時代-昭和初期の『源氏物語』受難-
・田中友佳子  戦後秋田の里親にみる労働・教育・家族

『日本教育史往来』No.232(2018年2月28日)
・片桐芳雄  土方苑子さん追悼
・瀬川大  土方苑子先生から学んだこと

『日本教育史往来』No.231(2017年12月31日)
<特集 第36回日本教育史研究会サマーセミナー からだを捉える(下)>
・北原かな子  「地方を舞台に「音」を見る-北奥羽地方の近代と洋楽導入風景-」の報告を終えて
・歌川光一  日本教育史研究における「趣味」の再考に向けて-女子の音楽の嗜みの研究から-
・鈴木理恵  北原・歌川両氏報告への質問とコメント
・宇津江邦治  学びの身体性に関する初学者の一考

『日本教育史往来』No.230(2017年10月31日)
<特集 第36回日本教育史研究会サマーセミナー からだを捉える(上)>
・釜田史  第36回 サマーセミナーを終えて
・鈴木敦史  「からだ」と「こころ」の関係史としての礼法研究-サマーセミナーでの報告をふまえて-
・藤坂由美子  明治初期の学校体操研究から-西洋式体操法受容による身体改革の試み-
・白水浩信  からだとこころを捉える-サマーセミナー雑感-
・東寿浩  歴史から今日を想う

『日本教育史往来』No.229(2017年8月31日)
<特集 教育勅語と中学校武道の銃剣道-教育史から考える->
・巻頭言 特集「教育勅語と中学校武道の銃剣道-教育史から考える-」に寄せて
・小野雅章  教育勅語の教材化容認批判-学校儀式と修身教科書の歴史からの検討-
・高野邦夫  「教育勅語問題」の歴史的背景を明らかにすること-軍隊教育(史)研究の視点から-(~会場での発言~)
・平田諭治  教育勅語をめぐる問題の遠近-最近の動きにふれて想うこと-
・森川輝紀  「教育勅語」の教材化問題について

『日本教育史往来』No.228(2017年6月30日)
<第36回日本教育史研究会サマーセミナーに向けて>
・高野秀晴・樋浦郷子  テーマ「からだを捉える」について
・鈴木敦史  礼法の近代と教育-天皇への最敬礼の成立と「敬意」の諸相-
・藤坂由美子  明治初期の学校体操研究から
・北原かな子  地方を舞台に「音」を見る-セミナー報告に向けて-
・歌川光一  日本教育史研究における「趣味」の再考に向けて-女子の音楽の嗜みの研究から-

『日本教育史往来』No.227(2017年4月30日)
・梅村佳代  千葉昌弘氏のご逝去を悼みます
・渕上皓一郎  学術の「発信」がもたらすもの
・鳥居和代  日本教育史研究会の世話人を代表して

『日本教育史往来』No.226(2017年2月28日)
・光川康雄  日本教育史の時代区分について
・樋浦郷子  歴博に奉安殿が来ました